So-net無料ブログ作成

南極越冬隊タロジロの真実 あらすじ [南極越冬隊タロジロの真実 あらすじ]

●南極越冬隊タロジロの真実 あらすじ

木村拓哉主演のドラマ「南極大陸」の原作になっている証小説「南極越冬隊タロジロの真実」の紹介です。

目次です。

第1章 旅立ち~いざ、南極へ
第2章 越冬開始
第3章 犬と隊員たち
第4章 厳寒期のカエル島へ
第5章 ボツンヌーテン犬ゾリ行
第6章 オラフ海岸の夏の旅
第7章 宗谷の苦闘、犬たちの悲劇
終章

無人の昭和基地に置き去りにされた十五頭のカラフト犬たちのなかから、二頭の犬の生存が確認された、という奇跡のニュースが日本を沸かせた昭和三十四年。なぜ、カラフト犬は置き去りにされたのか。そもそも日本初の南極観測事業とは、どのようなものだったのか。あれから五十年が経った今だからこそ、伝えたいことが山ほどある。
その真実を知る唯一の証人による、真実と感動のストーリー。

(以上、アマゾンのページから抜粋。)


↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
クリックすると、商品ページに飛びます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。